y-hasehiro のすべての投稿

神奈川県T様 コーリアンボードを購入されて。

本日、クロネコ便で配送されました。
早速、デラN1とTEACのDACの下にセットしました。
設定した寸法通り製作していただいたので良い具合に収まりました

  CD、MQACD、ハイレゾ配信音源で音出しして、感じたのは、音の輪郭と、
広がり、奥行感が増した感じがしました。
従来から使っている、数万円から十数万するインシュレーターや、
ハイブリッドのボードに比べ、コスパが高いと思います。

  未だオーディオラックに直置きしている機器も幾つか有るので、
今後追加を検討して行きたいと思います。
20ミリ位の厚さ物があればと考えているのですが、
厚さがあるものは、天然の大理石か御影石とも思いますが、
高域がキツくなり過ぎるので敬遠してます。

埼玉県 村上様 UMU-191Mを購入されて。

長谷弘さんのスピーカーは数台購入して楽しんでおりますが、最後のスピーカーとしてUMU-191Mをオーダーしました。

開封して一番に美空ひばりを聴きました。

最初音が硬くて「あれっ」と思いましたが、4曲目から音がガラッと変わってきてどんどん素晴らしい音になってきました。

購入後、一カ月ほど経っても毎日毎日音が変わってきています。
オーディオニルバーナの解像度がものすごいです。

真空管アンプもCDPも新品なので、どれのエージング効果か判りませんが、とにかく毎日音が変わります。
SACDで聴く美空ひばりは涙物です。

オーディオが趣味で良かった。おかげで毎日楽しく過ごしています。
また、新潟に行った際にはお寄りします。

愛知県 M様ご依頼 バイオリンレッド仕上げのUMU-191M。

バイオリンレッドは2種類の色から選べるようにしていますが、M様は地味目?の方のバイオリンレッドを選ばれました。

愛知県から完成品を引き取りに来て頂けるとの事で楽しみにしておりましたが、コロナウイルスの関係でかなわず、宅配便でお送りすることになりました。

茨城県 常総市 U様 UMU-191Mを試聴されて。

長谷川様

お世話になってます。

本日、試聴にて感じたことをレポートします。本日は様々なトライをしてみました。

単体でのポテンシャル確認。レンジ拡大による可能性の追求。

3台のアンプと2種類のケーブルを試したが、違いに驚くほど敏感に反応する。基本能力は高い!

エンクロージャーは重量があり、余計な響きが抑えられており、ユニットとのマッチングは考え抜かれたものだと感じる。


評判どうり中高域にエネルギーが集中しており、BFらしい抜けの良い低域が特徴の製品である。

ユニットのコーン紙は張りがありとても軽く、これが全体的に明瞭な音を実現していると推測される。

女性ボーカルは声が若々しく明るく実に魅力的である。息づかいが生々しい。

ピアノはタッチが明瞭。しかしボディ感を含めた倍音は少なめ、したがって山本剛のミスティの様なダイレクトな録音には立ち上がりが早く威力を発揮する。

ビブラフォンは最も得意な楽器かも知れない。アタックと音の質感(芯)がとても実在感がある。

ブラスは突き抜ける!音には躍動感があり楽しい。時に高音はキツくなる傾向はあるが、エージングで解決するのではないか?

ドラムのハイハットの切れ味良く、シンバルの音に厚みがあり、評判どうり。

スネアからタムのアタック音は鋭いが、太鼓の胴鳴り感は若干不足気味。バスドラのパフパフ感は聴こえにくい。

ベースもピチカートは明瞭だが、ボディ感や倍音は不足している。

ベースラインの音程は音圧レベルが低く明瞭にならない。

低音になるにつれて解像度が落ちるのはサイズの限界か?

東京都のオーディオ店様ご依頼のUMU-191M。

東京都内のオーディオ店から、お客様のご依頼とのことで、薄い紺色仕上げのUMU-191Mのオーダー頂きました。

完成後、必ず音チェックをしますが、普段の黒色とは違う、見た目の雰囲気の違いに、いつもの曲が違って聴こえました。

しかし、しばらくして目が慣れてくると、やはりいつもJazz Audio Fan’s
Onlyの音色。
テナーサックスが気持ちよく吹き抜け、シンバルなどの金属音がジャジャーンと小気味良い、いつもの音。

UMU-191Mなどの完成品スピーカーは受注生産になりますが、今回のようにお客様のお好きな色に仕上げさせて頂くことがよくあります。

過去には寺島靖国先生ご依頼のカウンタックのド派手な黄色や、こげ茶色、薄茶色、水色、ピアノブラック、バイオリレッドなどがありました。

ピアノフィニッシュ仕上げ(艶あり)でなければ、価格はUPしません。

どうか、お気軽にご相談ください。

小田原市 M様 UMU-191Mを購入されて。

本日、UMU-191Mネオジム付を開封・セッティングして音出しをしました。

それにしても、この音には驚きました。
私の好きな古い録音のジャズはライブを凌駕する鳴り方と思いました。
ジャズの定番ナンバーを一通り聞きましたが、特にナット・キング・コールの「プリテンド」は実に素晴らしいの一言でした。
そして、たぶんこれも相性良く鳴るんじゃないかと思って聞いた井上陽水のCD ”Blue
Selection”も凄く鮮烈な鳴り方でした。

コーン紙の腰が強く、マグネットが超強力なこのフルレンジユニットは、音が前に飛び出すだけでなく、
位相特性が良いのではないかと推察しています。
また、このユニットに最適な長谷弘バックロードホーンエンクロージャのおかげで引き締まった低音が素晴らしいです。
ウッドベースのニュアンスが大変リアルに聞こえます。バスレフエンクロージャの緩い低音とは大違いです。

素晴らしいスピーカに出会えたこの幸運に感謝しているところです。また再びオーディオの楽しみが増えました。
私はフェライトの方は聞いていませんが、ネオジムの方も売り出されたら凄い人気になるかも知れませんよ。
取り急ぎ御礼とともにご報告致します。

M様ご依頼のネオジウムユニット搭載、UMU-191Mの製作状況。

オーディオニルバーナ スーパー8ネオジウムマグネット搭載で、ご依頼を頂いておりましたUMU-191Mが完成致しました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0568.jpg です
背面に強力な6個のネオジウムマグネットが装着してあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0569.jpg です

この社の製品には、ジャズの街セントルイスの夜景をデザインしたロゴシールが必ず貼ってあり、地元愛を感じます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0570.jpg です
手前が完成したばかりのネオジウムタイプ、後ろがフェライトタイプ。
聴き比べてみました。

ネオジウムタイプ・・・・ハスキーボイスの女性ボーカルでは、声帯の震えが異常なくらいリアルで、声質も違って聞こえます。
この辺はエージングと共にこなれてくると思います。
指で弾くウッドベースは、より重量感のある、腹に響く低音です。

訳あって、すぐに梱包してしまったために僅かの試聴しかできませんでしたが、
エージングが進むにつれて大変魅力的なスピーカーに育っていくと思います。

Y様ご依頼のWCW-200の製作状況。

大分時間が掛かっておりますが、コンクリートホーンWCW-200のコンクリート充填、乾燥が終わり、

これから車に積んで、表面仕上げと塗装を依頼している協力会社の家具工房に持ち運ぶところです。

その為に、車にいつも数枚の毛布を積んでいますが、それを不思議に思った人から

「この車で車中泊をするの?」とよく言われます。

最後にコンクリート開口部の塗装を別会社にお願いして、完成です

岐阜県T様 UMU-191Mを購入されて

先月 UMU-191Mを購入しましたTです。

jazz fan onlyという謳い文言に駆られて、試聴なしで購入させていただきました。
正月はずっと購入したスピーカーで、JAZZ(主にハードバップ系)を聴きました。

スピーカーからの音は、学生の頃(昭和)jazz喫茶で聞いた感触の音と同じで、jazzが好きになった頃の雰囲気を思い出しました。
(スピーカーはJBLのバックロードホーンだった気がします)

ハイハットの鋭い金属音、ブラシがシンバルを擦る音、ウッドベースの胴鳴り、ピアノの弦の音が自然に迫って来ていて、やっぱりこの音だったのかと納得した次第です。(感想が言葉足らずで上手く表現できませんが・・・)

30年以上、山水のアンプと4311,4312のスピーカーでjazzを聞いておりましたので、気分によってスピーカーの切り替えができるようにと考えていましたが、パックロードホーンのみでJAZZを楽しんでいきたいと思います

UMU-191Mの製作状況。

その後もUMU-191Mのオーダーを多く頂いておりますが、最後の仕上げである外部の塗装工場が大変混んでおり納品が滞っております。

現在、A様、T様、M様の3セットが塗装工場で順番待ち状態ですが、来週中には全て塗って頂けそうです。

大変お待たせして申し訳ありませんが、もう少しだけお時間をください。