「更新情報」カテゴリーアーカイブ

イベント情報

イベント情報今週の金曜日、新潟県燕市の喫茶軽食店でUMU-191Mの試聴会が行われます。急な話ですが、お近くの方はぜひこの機会にお立ち寄りください。告知内容喫茶軽食 ルーム217あなたと夜とレコードと10月23日 金曜日20:00~23:00レコードコレクターのふなくぼたいすけ氏のご協力のもと、ジャズを中心に、様々なジャンルの貴重なレコードをかけて楽しむ企画です。なんと今回は、長谷弘工業様のご協

千葉市 今井様 コーリアンボードを購入されて。

本日到着しました。いろいろお手数をお掛けしました。どうも有難うございます。早速アカシア集積材を購入し、その上に敷いてスピーカー箱を設置しました。当方、クラシック音楽を30年以上マルチチャンネルで聴いています。中音と高音はゴトウユニット、低音はダイヤトーンPW-125をクラフトマンオーディオに特注した抵抗制御箱に入れています。まだ試聴を始めたばかりですが、低音は明らかに明確になりました(特にピアノ

愛知県 橋爪様 MM-161STに塗装をされて。

こんにちは。ご無沙汰しています。さて、以前頂いたMM-161STを塗装しましたので一報入れさせていただきました。当初は刷毛塗りで、黒のシースルー仕上げを目指しましたが、サンディングシーラー処理を目いっぱいしてもムラになって、私では上手く塗り上げることができませんでした。で、刷毛塗りシースルーを諦め、慣れた缶スプレーで、一番失敗のない黒艶消し塗りつぶしで仕上げてみました。結果、素人の仕上げというこ

大阪市 A様ご依頼 新UMU-171Mバイオリンレッド仕上げ

大変な納期遅れて本当に申し訳ありませんでした。 バイオリン塗装がやっと仕上がり、商品が完成いたしました。 エッジの色が気になる方もおられるかもしれませんが、これはセーム皮の自然の色です。ご理解ください。 L-Caoの魅力だった「ほんわか感」は少な目ですが、その分、演奏のバックで鳴っている小さな楽器の音も、こちらの方がはっきり聴き取れます。

長野県 F様ご依頼 新UMU-171M

結局生産中止になってしまったL-Caoユニットの再入荷を期待して長らく待っていたり、猛暑で塗装を塗ることができなかったり、色々不都合が重なったために完成が大変遅れて申し訳ございませんでした。 やっと完成して発送の準備ができました。 ご指定の濃い茶色も、なかなか良い色に仕上がったと思います。 L-Caoの代わり選んだユニットはAucharmというブランドで、その品番がP610SL。 なんとあのダイ

全国一の猛暑。

全国ニュースでも流れましたが、昨日(9月3日)当地三条市が日本一気温が高く、9月としては国内の観測史上最も高い、40.4度を記録する猛烈な暑さとなりました。 盆地でもないのに何故だろう?ここ三条市は、毎年1回は日本一の最高気温に輝きます。 当社の工場内は42度もありました。スポットクーラーと工業用扇風機をフルに回して作業するのですが、もう我慢大会でした。3時の休憩に食べた、輪切りレモンの乗ったサ

フランスかぶれ。

私の愛車、フランスの農民車だったシトロエン2CV。大変運転の楽しい車で、休日ごとのドライブを楽しみにしています。 非力な空冷エンジンなのでクーラーが付かなく、こんな暑い日は幌をオープンにして、スノコを張った屋根に風鈴をぶら下げ、チリンチリンと耳で涼を感じています(笑)。 かき氷のミニ旗があれば付けたいな~。まるで走る海の家みたい。通行人にも笑われています(;^_^ 水没して壊れたオリジナルの代わ

梅雨と猛暑とスピーカー。

うだる様な暑さが続きますが、皆さま元気でお過ごしでしょうか? 私はもともと夏が苦手ですが、先日までの長梅雨に比べればまだマシです。毎年、梅雨になると朝から体がだるく、片頭痛が一日続きます。今年は特に参りました。晩酌を止め、朝に熱いシャワーを浴びた後に軽い運動をしたりして自律神経が狂わないように工夫していました。 それに比べ、暑いけれど湿気のない夏は、同じ疲れでも健康的な疲れに感じます。 しかし、

愛知県 橋爪様 MM-161STを購入されて。

長谷川様ご無沙汰しています。MM-161STを購入させていただきありがとうございました。又、購入に際していろいろとご対応いただき、ありがとうございます。 以前から、車用のSP(ホームオーディオ用のように上品でない)を家でガンガン使いたいと思っていたのですが、なかなか既製品のSPボックスではSP穴の径が適合するものがありませんでした。そんな中、御社は希望のサイズに対応していただけるとのことでしたの

UMU-171Mのその後。

以前にお知らせしていたUMU-171Mに搭載のL-Cao16cmユニットは、今現在も入手できない状況です。いつまでも待てないのでこの間、他の16cmユニットを探していました。 条件としては弦楽器をきれいに鳴らせるペーパーコーンのアルニコマグネットユニットです。やはり、チェロやバイオリンの絃と木質の響きのハーモニーを再現するにはペーパーコーンが条件で、艶やかで美しい響きを出すにはアルニコ磁石が理想