「更新情報」カテゴリーアーカイブ

第24回真空管オーディオフェアー」出展報告②

15分間の試聴が終わるたびにお客様が私のところへ来られ、色々な感想を頂きます。 ・UMU-191Mのオーナーさん。 「時間が掛かったが良い音で鳴っていますよ。今はメインスピーカーとして聴いています」 ・元NHKに勤務されておられた方。 「UMU-171Mは良い音ですね。コンクリートホーンより私はこの方が良い音と思います。昔、知り合いの石屋に頼んで石のスピーカーを作ったことが

「第24回真空管オーディオフェアー」出展報告①

幕張でのイベントが終わり、やっと新潟に帰ってきました。 遅くなりましたが「第24回真空管オーディオフェアー」の出展報告です。 台風の心配もなく、2日間とも天候に恵まれて多くの方からご来場頂きました。 今回は同室に5社の出展でしたが、1社15分ずつ時計回りで試聴して頂きました。 15分あるとスピーカー3機種、ジャズやポップスなど3曲を、余裕をもって聴いて頂けました。 ハセヒロ・バックロード

「燕三条 工場の祭典」が始まりました。

「燕三条 工場の祭典」が木曜日から始まりました。 当社は朝11時からの開催と案内していたのですが、そんなの殆どのお客様には届いていなくて、10時近くになるとグループ単位で入って来られます。 県外から車で来られる方、市が用意したレンタルサイクルで来られる方、近くのイベント会場から歩いて来られる方など、お昼の休憩時間を除いてお客様の途切れることはありませんでした。 工場内には見学ポイ

「第24回 真空管オーディオフェアー」について。

すでにご案内の通り、今年の「真空管オーディオフェアー」は10月7日(日)と8日(月・祭)、秋葉原の損保会館にて開催されます。 いつの通り5階の中ホールにて大勢のご来場をお待ちしております。 試聴機種はUMU-191M、UMU-171M、そしてコンクリートホーンのWCW-160をメインに聴いて頂きます。 同じホールに5社が出展しますが、今年は1社15分ずつの音出しになります。 いつより5分長

「燕三条工場の祭典」と「真空管オーディオフェアー」

すでにTOPページからご案内しておりますが、10月4日(木)~6日(土)の3日間 「燕三条工場の祭典」と、10月7日(日)~8日(月・祭)の2日間「真空管オーディオフェアー」の、2つのイベントに続けて参加します。 「燕三条工場の祭典」は新潟県三条市の当社工場内で行います。 初日と2日目の2日間は工場内見学と、試聴室での各種バックロードスピーカーの試聴をして頂きます。ぜひ愛聴盤をお

被害地の方々へのお見舞。

最強台風21号の被害に遭われた方々へのお見舞い文を書こうと思っていたら、追い打ちをかけるように、今度は北海道での大地震。 豪雪、猛暑、台風、地震などの異常気象が続く日本列島はどうなっているんだろう? 都市直下型地震も心配されているし、日本の将来はどうなるのだろう? 台風の翌日に、大阪の取引先の工場にお見舞いの電話したら通じず、不安になって社長の自宅に電話したら停電で電話が不通とのこと。 そ

大先輩、JBLパラゴンとの聴き比べ③

先回(続く)と書きながら、大分時間が開いてしまって申し訳ありません。 その際に書き忘れましたが、お店のパラゴンを駆動したアンプは同じ新潟県の会社であるアムレック製のデジタルアンプAL-602H http://www.amulech.com/shopdetail/000000000042/ でした。シリーズ最上級機になる機種とのことで、発売されたばかりの商品でしたが、これが凄いアンプで大型パラ

大先輩、JBLパラゴンとの聴き比べ②

パラゴンは秋葉原にあったヒノオーディオさんで、30年位前にちょっとだけ聴かせてもらったことがありますが、昔の事なのでその音質はもう忘れていました。 小さくて見難いですが構造図があったので参考に撮ってきました。ウーハーが音道の奥にある、フロントロードホーンでバックロードホーンとは違うのですが、やはりホーン独自の雄大な鳴り方をしていました。 左右に飛び出た中音ホーンから放出され

大先輩、JBLパラゴンとの聴き比べ

新潟市内にあるハードオフ新通店にJBJのパラゴンが入荷しております。 それがきっかけなのか試聴コーナーも新設されました。 当店のスタッフさんで、当社試聴室の常連さんでもある三村様のご厚意で、オーディマニア憧れの名機パラゴンと UMU-191Mを聴き比べしてみませんか?というありがたいご提案を頂きました。 勿論二つ返事でOKさせて頂きました。 お盆休みの13日の10時開店早々にUM