バックロードホーン−長谷弘工業 バックロードホーン | HOME 
 
 
 
  過去(2004/11〜)の日誌についてはこちら・・・ (別ウィンドウで開きます)
 

 | 8月号 | 9月号 |
 | 2004/12月号 | 2005/ 1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 |

2005/3/31

  日程微変更。 聴こう!ハセヒロ・バックロード IN 日本橋

上の写真はNICOプラザのスタッフが作ってくれた、店頭に貼られているポスターです。

以前の告知では4月2日と3日の2日間の開催でしたが、急きょ前日の4月1日も午後2時から7時までの半日、一部の商品だけですが試聴していただけることになりました。
会場のNICOプラザの使用料金システムが変わり、開催前日に行う準備中の時間も会場の使用料がかかることになりました。(昨年は無料だったのに)
それならば、その準備作業中もドアをオープンにして音を聴いていただいて少しでも元を取ろうという経済的なアイデアが浮かんだのです。
最初ミニコンポにアクリルスピーカーをつないで、その音を聴いて頂きながら徐々に聴ける機種をセットしてゆきます。半日かけて準備をするつもりです。

日本橋はビジネス街ですので、ウイークデーのNICOプラザ前はビジネスマンの通行が多く、その方々の中には音楽やオーディオ好きな方が必ず多くおられるはずです。 そういった方々にもハセヒロ・バックロードを是非知ってもらいたいという目的もあります。

この日はあまりお構いできないかも知れませんが、この日しか都合のつかない方は是非お越し下さい。また、2日の土曜日は当初の予定は午後5時まででしたが、午後7時まで延長することにしました。 折角の東京、目の前のショッピング街も散策したいし、飲みに行きたいと逸る心も我慢して・・・

| このページのTOPへ戻る |

2005/3/30

  塗装の効果は?

写真は先日「試聴された方」にも掲載させて頂きました、茨城県のN様のMM−161Sです。 ウレタンクリア塗装を音道の内部にも塗られました。
塗装無しのMM−161Sと是非聴き比べて欲しいと、お送り頂き、1月から長期にお預かりしていたのです。

MMキットで使用している素材のMDFはピアノにも使用されているように、上手く塗装すると音質が大きく向上します。
ウレタン塗装を施したRR−10でそのことは良く知っておりました。
しかし、MDFは塗料の吸込みが一般の木材よりも激しく、綺麗に仕上げるにはコツと忍耐を要します。
N様は目止めの為のサンディングシーラーを2回、その上に油性ニス(ウレタンニス)
を2回塗られたそうです。しかし最後にクリアラッカーのスプレーを塗られて失敗されたとのことで、 良く見ると所々に化学作用で上塗りのラッカーに縮んだ様な模様がありました。 でも遠目では殆んど判らず、大変美しく仕上がっていました。丁寧に塗られたご苦労の後が見て取れます。
ユニットのアルテックCF404-8Aのコーン紙も光っていたので、まさかここにもウレタン塗装?とお尋ねしたところ、マエストロという名前の高価なコーティング剤を塗られたのだそうです。

音道内壁まで塗装されたMMスピーカーの音を聴くのは初めてです。
その効果は塗装無しのものと明らかに違いました。
音に重量感があり、音圧も上がって聴こえます。バスドラムなどが力強く引締まっています。楽器の定位もよりはっきり定まります。
アルテックCF204-8Aはアタック感のある元気なユニットですが、私の年齢では曲によっては聴き疲れするときもあります。しかしお借りしているスピーカーは中域の厚い音質で長く聴いていられます。
何年間も使いこなしたユニットで聴いているような落着いた音でした。
実際に当社の試聴機よりエージングが充分なされている為と思いますが、原因ははっきりわかりません。多分そのマエストロというコーティング剤も貢献していると思います。
大川ウイングの商品名は知っていましたが、目にするのは初めてです。これも面振動で吸音するのでしょう。

MMスピーカーキットは組立て終えてからが楽しいスピーカーです。
ご自身の工夫でいろいろな音質UPが可能だからです。
塗装もその一つですが、前途のようにMDFは吸込みが激しく、綺麗に仕上げようとすると結構面倒な作業です。
以前から MMスピーカーに未経験者でも簡単に塗れて、しかも音質が良くなる塗料を探しておりましたが、もうじきそれに適合した素晴らしい塗料を紹介出来ると思います。
もし試作が間に合えば、4月2日、3日の「聴こう!ハセヒロバックロード IN 日本橋」で紹介出来るかも知れません。
とても画期的な塗料です。普通小社のような所に卸していただけない商品らしいのですが、ご紹介して頂いた、MMのオーナーさんでもあるK様のご尽力で可能になりました。
ご期待下さい。

| このページのTOPへ戻る |

2005/3/22

  大丈夫でしょうか?

日本列島の足元はどうなっているのでしょうか?
20日の九州の地震、ニュースで知り驚きました。
中越地震の傷が癒えない内に、またこんな大きな地震が続いて起きるなんて。
福岡、佐賀地区の皆様、被害は無かったでしょうか?
皆様のご無事をお祈りしております。

| このページのTOPへ戻る |

2005/3/17

  アクリルスピーカーの先行予約をお受けいたします。

大変遅くなりましたが、アクリル・クリアスピーカー・品番AMA-131SSの価格が決まりました。 2台1組で58,800円(税込み)です。アクリル板が高価でこのような価格になりました。

ピンク、シルバー、ブルー、ホワイト、ブラックの5色のスケルトンタイプの可愛いスピーカーです。
サイドバッフルは厚さ10mmの透明アクリル板。カラーの部分はMDF(圧縮合板)です。
使用ユニットのDIY AUDIOのSA/F80AMG(マグネシウム振動板)は防磁型ですのでテレビの脇に置いても大丈夫です。
高さ350、横幅110、奥行195mm、重さは4Kgの可愛いサイズからは想像できないほどパワフルなスピーカーです。 アクリルのサイドバッフルは見た目が美しいだけではなく、音を一段とクリアーにしました。
寸法は高さ350、 奥行195、 幅100mmです。重さは約4Kgです。

組立てに慣れるまでの暫くの間、半受注生産方式で小ロットで生産していきます。
どの色をいくつ在庫して良いかまだ解らない、と言うことも受注生産方式の理由です。
受注後の納期は20日くらいです。
暫くの間、直販のみの販売になります。

この商品はまだ買い物カゴからはご注文頂けません。近日可能にします。
ご注文の方はご面倒でも下記のフォームをコピーされて、このメールにてお申込み下さい。


ご住所

ご氏名

電話番号

メールアドレス

ご注文機種   アクリル・クリアスピーカー AMA-131SS (      組)    

ご希望のカラー    (        色) 
         ピンク、シルバー、ブルー、ホワイト、ブラック

お支払い方法     (         )  こちらをご参照下さい。 

ご連絡事項

左から ピンク、シルバー、ブルー、ホワイト、ブラック
ミニコンポにもうまくマッチンします。
| このページのTOPへ戻る |

2005/3/14

  埼玉県蓮田市の”学びま専科”1日講座に行ってきました。

燕三条駅、9時半発の新幹線を大宮で乗り継ぎ、蓮田の駅に着いたのは11時半頃。12時からのセッティングだったので駅前の食堂でラーメンを食べて時間調整。タクシーで着いた公民館は分館だけに大丈夫かなー?と思うほどの小さな建物。
でも入ってみたら広い立派なホールがあり、もう既に機材のセッティングが終わりかけていました。
5.1チャンネル。4隅のスピーカーの中心の床に張られた紙に放射状の線が書かれており、その線の延長腺にスピーカーの位置を合わせる。
1週間前にここでセットの練習されたのだそうですが、この日は午前中に他のグループが使っていたため準備の時間が足りなく、また移動で真空管アンプの調子もおかしく、お客様が来られ始めた1時になってもなかなか開演出来ませんでした。

第一部は映像無しで5.1チャンネルのDVDオーディオやSACDで試聴。日本フィルのアラビアのロレンスやチェン・ミン、ピンクフロイド、ダイアナクラール、ドボルザークの「新世界」など。
本格的な5.1チャンネルは今回が初体験。
本来はセンターで聴かなければならないのですが、お客様が優先なので遠慮して後側の端で聴いた為に近くのスピーカの音が勝っていてアンバランス。そこで途中から真中の前寄りに移動。頭を前に出して少しでもセンターに近づけて聴いていました。オーケストラでは広い演奏ホールの雰囲気が味わえました。しかし場所がずれてる為なのか2シャンネルで聴いたときより楽器の音に鮮明さがありませんでした。交代でそのセンタースポットで聴けたら良かったと思いました。

第2部のDVD映像5.1チャンネルは前半は音楽もの、後半映画ソフトと分けて見ました。
イーグルスのホテルカルフォルニアは観客の歓声がすぐ近くに聞けて、その会場に本当にいるような雰囲気が味わえ、観客の歓声も演奏の一部である、こういうライブものはDVD5.1チャンネルは魅力的ですね。
その後の女子十二楽坊は好みの女性に目移りし、一青窈のコンサートではたたみ込む様に、ささやく様に歌う場面になると癖なのか、なぜか片目を少し細める。
その仕草に何ともいえぬ色っぽさを感じ、ゾクゾクっと感じ入ってしまいました。(後で聞いたら他の方も同感と言っておられました)
普段私が(私だけではないことを願って)男性ボーカルよりも女性ボーカル曲を好むのは多分雄としての本能なのだ。
女性の声の方が可愛いし、聴いてて気分が良くなりますが、そこに映像で、歌っているその美しい容姿が加わるのですから・・・・。
音楽を映像付きで見る。その楽しさに変な意味で興味が湧いてきました。

千と千尋の神隠し、2001年宇宙の旅などの映画を見た後、最後に映像無しの5.1チャンネルと2チャンネルを同じ曲で聴き比べたのですが、「感動する」という意味では、聴き慣れているということもあり、従来の2チャンネルステレオ方式の方が、私は勝っていると思いました。
ボーカルが、楽器が2本のスピーカーの間にきちんと定位してはっきりと見え、スカッと音も濃く、そこに気が集中。
演奏家が自分の為だけに弾いているように感じられ、それで感動が大きいような気がします。
一方、今回体験してみて映像付き5.1チャンネルの楽しさも良く分かりました。
いつか小さなアクリルスピーカーを使って事務所にセットしてみたいです。

4時過ぎに閉会、そして後片付け。
司会者のお計らいでカートに積んで引っ張って行ったアクリルスピーカーを1部と2部の間の休憩時間に皆さんにお見せしたのですが、後片付けでどたばたしている最中、是非その音を聴かせて欲しいと言われ、後片付けの邪魔になるのを承知でケーブルにつなぎました。
先ほどまでの大型機の音と違い、小型ならではのすっきりした音に皆さん寄って来られ、「いいなー」「大型機を聴いて耳が疲れているから、直のこと良く聴こえるんだ。こういうシンプルなスピーカーが一番!。今日はこれを使えば良かったかなー?」と会長さん。

全て終了後、昨年と同じ居酒屋で打ち上げ。オーディオの話から車の話まで盛り上り、話題は尽きない。
気さくなお仲間達に囲まれて楽しい時間を過ごせました。

フロントスピーカーはマクソニック 38cm3WAY
サラウンドはマクソニックF-201EX
センターはスペシャルサンド PS-250
サブウーハーはパイオニアS-955のウーハーのみ利用
朱鷺メッセのイベントホールはAVフェスタが行われDVD/SACDプレーヤーはラックスマンDU-80(操作にモニターが必要)
コントロールアンプはマランツDV-8100SA Ver2.
パワーアンプは自作真空管
プロジェクターは 三菱 LVP-L2000
スクリーンはキクチ 80インチ
アクリルスピーカーのすっきりした音質に後片付けの手を止めて聴いてくださいました。苦労して持っていった甲斐がありました。
| このページのTOPへ戻る |

2005/3/12

  13日(日)は埼玉県蓮田市の”学びま専科”1日講座に行ってきます。

彩球オーディオ倶楽部さんのお誘いで、この日曜日(13日)日帰りで蓮田市の公民館で行われる市民講座に昨年に続き参加してまいります。その為この日は会社が休みになります。この日頂いたメールのお返事は翌日以降に差上げることになりますので宜しくお願いいたします。

彩球オーディオ倶楽部と蓮田市教育委員会主催の生涯学習講座 「”学びま専科” 1日講座」です。
昨年は”クラシックとジャズを高音質オーディオ装置を使って音楽を解説付きで鑑賞する”という会でしたが今年の講座名は ”DVD 5.1チャンネルソフトによる映像と音楽を鑑賞しませんか?”です。
MMキットをAV用に使われておられる方も結構多くおられ、丁度良い機会ですので私も体験して参考にさせてもらいます。
第一部がマルチチャンネル音楽ソフトを使って、第二部がDVD映像ソフトです。
蓮田市中央公民館関山」分室 大会議室で午後1時から4時半までです。
予約は要らないようですので、お近くの方、是非ご参加されたらいかがでしょうか。

| このページのTOPへ戻る |

2005/3/9

  スローフード・スローライフ展出展報告

開会日の初日(金曜日)、朝方の吹雪は止んだもののウィークデーということもありお客様は少なく、殆んど出展者同士の交流会状態でした。
昨年は新潟県酒造組合の「にいがた酒の陣」との併催で、500円で県内の殆んど全ての銘柄の酒が試飲できるとあって県外からも多くのお客様が来られ大賑わいでした。
しかし、酔っ払いが続出して酒瓶を割ったり、床に寝てしまったり、あげくの果てに救急車騒ぎが4回もあり、スローのイメージにそぐわないとのことで今年から別々に分けて開催されることになりました。

こういう見本市に参加すると別の意味での副産物があります。
運が良ければマスコミの取材を受け、メディアに紹介されるからです。
フェアー初日に来られた日経新聞、新潟支社の記者が当社のアクリルスピーカーに興味を持たれ、これを新潟版の記事にしたいからと20分位のインタビューを受けました。
そして翌日の日経新聞にもう紹介されていました。
第2回めになるこのスローフード・スローライフ展は県内では人気の恒例行事になりそうで、会場内では地元テレビ局の各取材班があちこちに回っていました。
当社のスピーカーも撮影して行かれましたが、どうせ没になるだろうとテレビ局の名も確認しませんでしたがその日の夕方のニュースに放映されていたことを翌日のお客様から知らされました。
丁度、例の童謡のような曲を流していたときに撮影され、スピーカーに長時間マイクを向けられていたのですがニュースでは「とても素敵な音でした。この音を聴きたければ是非このフェアーにお出かけ下さい」とアナンスされたそうです。
その効果があったようで、当社のブースを目的で来られたらしいお客様も多く、また普段から当社のホームページをご覧のお客様が多くおられたことに驚きました。
既にMMスピーカーのオーナーさんも多く、県外から当社目的で来られた方には本当に感激しました。

快晴に恵まれた3日目の日曜日が一番の人出でした。
オーディオフェアーと違うのでジャズやクラシックでは足を止めてくれません。
鳥がさえずる癒し系のCDに一番お客様の反応がありました。
ペットショップと勘違いされて鳥かごを真剣に探している方までおられました。
ブースの最前列に置いた5色のアクリルスピーカーは女性にも大好評で、「カワイイー」の声をいっぱい聞けました。
好みの色をアンケートしましたら意外と白が一番人気で、ピンクとブラックが2番人気でした。 「良い音ですねー」と立ち止まっている方々にバックロードの説明を一からしなければなりません。 「ユニットの後ろから出た音を・・・・」と説明しても「ユニット・・・って何?」スピーカーを眺めながら「へー、この中に鳥の音が入っているんだー」などと意味不明なことを 言われる方もおられましたが、鳥のさえずりのバックにゆったりと流れるチェロやフルート。 まるで森の中にいるような雰囲気、その生々しさに皆さん驚いておられました。 そして、こんな小さなスピーカーから出る本格的な音にも驚いておられました。

スローフードコーナーの健康茶、ワイン、ヨーグルトなど試飲を行ったコーナーは歩けないくらいの混みようでした。
それに比べスローライフのコーナーは少し寂しかったですが、それでも刷っていった500枚のカタログは殆んど無くなってしまいました。

食品コーナーは美味しそうなものばかり。毎日の昼食は出展の店で買ったジャンボ油揚げの巻き寿司やオムレツ焼きソバ、カニおこわなど珍しいものばかり。「こんな見本市、あったもんじゃない。もうお金いくら使ったか解んない」とこぼす妻。
それもそのはず、中国の健康茶、新潟産の健康茶など健康に良いと聞くと直ぐに買ってしまう。 「だって看板に医者要らずと書いてあったから・・・・」
単純に信じる。

地元のテレビ局。その夜のニュースでアクリル スピーカーが紹介されました。 朱鷺メッセのイベントホールはAVフェスタが行われるパシフェコ横浜に匹敵する広さです。
隣は楽しい風船屋さん。店主は若い女性で風船を使った結婚式の演出が本業だそうです。 山古志村からも出展。会場には「頑張ろう小千谷」とか「立ち上がれ中越」のノボリが目立っていました。
3月5日付の日経に載ったアクリルスピーカーの紹介。 畳の部屋で筑紫哲也氏と山古志村村長の対談。

 

| このページのTOPへ戻る |

2005/3/2

 スローフード・スローライフ展

新潟市朱鷺メッセで行われるスローライフ・スローフード展が今週の金曜日からです。
今その準備で焦っています。
直前にならないと火がつかないタイプなので、いつもこうなのです。
それでもアクリルスピーカーは5色が揃って間に合いました。
いつもフェアーの度にインクジェットプリンターを使ってカタログを自前で刷るのですが300、500枚刷るのに大変な時間がかかっていました。今回は以前から欲しかったカラーレーザープリンターを導入したので安く、早く印刷が出来上がって助かりました。

このフェアーはいわゆるオーディオ関連のではないので、ジャズやクラシックで足を止めてくれる方は少ないです。
昨年のこのフェアーもそうしたのですが、今流行っている比較的誰でも知っている曲を流します。
たとえば人気ドラマの主題歌やCMに使われている曲です。
ただし、スローライフのテーマのイメージに沿う意味で優しい曲でないといけません。
他のブースは音を出していないので気を使う、という意味もあります。
昨年はやはり人気のドラマに使われていたアメージング・グレースを流しましたがそのドラマを見ていた多くの女性達が足を止めてくれました。
私が以前このページで良い曲だと言った、平原綾香の「明日」が、その後にドラマ「優しい時間」の主題歌になって人気が上昇しています。今回はこの曲を主に流します。
同じ曲を流していると私達が飽きるのですが、常に新しいお客様が廻って来られるので我慢します。

2年ほど前、本屋で立ち読みしていたら天井のスピーカーから何とも懐かしい感じの音楽が鳴っていた。
「帰ろう、帰ろう、お家へ帰ろう・・・・」と童謡のようなメロディ。初めて聞く曲だが子供の頃から知っているような懐かしい感じがする曲。いい歌だなーと思っていたら同じ女性のボーカルで今度は「おぼろ月夜」これも良い。
この店はCDも販売する複合店で、早速レジに飛んでいってこの曲のことを尋ねたら、それは問屋からデモ用に配られたCDらしく、まだ手元には無いとのことで取り寄せをお願いした。
山本容子という人が歌う「Slow Music」というアルバム。まさにタイトルからしてこのフェアーにぴったりな曲。
偶然見つけたお気に入りのCDです。声も耳に優しくて心がホンワカしてきます。
このCDはこのフェアー専門にしています。
勿論リクエストにお答えできるようにいろいろなジャンルのCDも持って行きます。

新潟の週末は雪マークになっていますが、何とか大勢の方たちから来て頂きたいと願っています。
また、レポートします。

| このページのTOPへ戻る |

| このページのTOPへ戻る |

Copyright (C)2003 HASEHIRO Audio. All Rights Reserved