「コンテンツ」カテゴリーアーカイブ

MM-141Sがニューヨークで・・・

MM-141Sがニューヨークのお洒落なレストランでBGMを奏でています。最近開店したばかりのお店で、オーナーは日本人です。新型コロナの件で大分遅れたとの事ですが、先日無事開店されたと嬉しいご報告を頂きました。 MM-141Sをお洒落なカラーに仕上げて頂き、それにマークオーディオの8cmユニットを搭載されました。緑と黄色のツートンが可愛いですね!お店のロゴマークの下に、HASEHIRO・・・・ 

当社のコーリアンボードが国立美術館に・・・

当社の製品の中で一番売れているのがコーリアンボードです。ほぼ毎日くらいにご注文を頂きます。本来はオーディオボードとしてスピーカーやアンプの下に敷いて音質を向上する商品なのですが、たまにそれ以外の用途で購入して頂くこともあります。 熱帯魚の水槽の下に敷いたり、蕎麦打ち用ののし板や、店舗の壁のインテリアにされたり。 先日はめずらしく女性からのご依頼で、どうしてもゴマ塩模様のコーリアンボードが欲しいと

当社は今年で70年

当社、㈱長谷弘工業は今年5月でちょうど創業70年になりました。 私は2代目として父から会社を引き継ぎ、オーディオ関連の仕事に関しては私が初代で、こちらは創業?40年ほどになります。 こんなに長くこの仕事を続けてこられたのは、ご声援やご利用いただいた皆様方のおかげです。あらためてお礼申し上げます。 その70周年の記念にと、秋の真空管オーディオフェアーなどで楽しい企画を考えていたのですが、新型コロナ

ルーム217でのイベントは盛況でした。

燕市の喫茶軽食 ルーム217で10月23日 に「あなたと夜とレコードと」のテーマで行われたアナログレコードでジャズなどを聴くイベントは大盛況でした。 細長い店の奥がブティックになっており、そのスペースにUMU-191Mを設置させて頂きスタンバイ。 あいにくの雨でどのくらいのお客様が来られるのか開演直前まで心配していましたが、8時になるとお店の常連さんらしいお客様が次々と入って来られ、暫くするとほ

愛知県 橋爪様 MM-161STに塗装をされて。

こんにちは。ご無沙汰しています。さて、以前頂いたMM-161STを塗装しましたので一報入れさせていただきました。当初は刷毛塗りで、黒のシースルー仕上げを目指しましたが、サンディングシーラー処理を目いっぱいしてもムラになって、私では上手く塗り上げることができませんでした。で、刷毛塗りシースルーを諦め、慣れた缶スプレーで、一番失敗のない黒艶消し塗りつぶしで仕上げてみました。結果、素人の仕上げというこ

フランスかぶれ。

私の愛車、フランスの農民車だったシトロエン2CV。大変運転の楽しい車で、休日ごとのドライブを楽しみにしています。 非力な空冷エンジンなのでクーラーが付かなく、こんな暑い日は幌をオープンにして、スノコを張った屋根に風鈴をぶら下げ、チリンチリンと耳で涼を感じています(笑)。 かき氷のミニ旗があれば付けたいな~。まるで走る海の家みたい。通行人にも笑われています(;^_^ 水没して壊れたオリジナルの代わ

梅雨と猛暑とスピーカー。

うだる様な暑さが続きますが、皆さま元気でお過ごしでしょうか? 私はもともと夏が苦手ですが、先日までの長梅雨に比べればまだマシです。毎年、梅雨になると朝から体がだるく、片頭痛が一日続きます。今年は特に参りました。晩酌を止め、朝に熱いシャワーを浴びた後に軽い運動をしたりして自律神経が狂わないように工夫していました。 それに比べ、暑いけれど湿気のない夏は、同じ疲れでも健康的な疲れに感じます。 しかし、

UMU-171Mのその後。

以前にお知らせしていたUMU-171Mに搭載のL-Cao16cmユニットは、今現在も入手できない状況です。いつまでも待てないのでこの間、他の16cmユニットを探していました。 条件としては弦楽器をきれいに鳴らせるペーパーコーンのアルニコマグネットユニットです。やはり、チェロやバイオリンの絃と木質の響きのハーモニーを再現するにはペーパーコーンが条件で、艶やかで美しい響きを出すにはアルニコ磁石が理想

浮いた時間で・・・。

今年予定していた全てのイベントが 新型コロナウィルスの為に中止になってしまいました。   今まで1回も休まず参加していた、10月開催の「真空管オーディオフェアー」。 昨年は台風で初日が開店休業状態だったので、その分を今年は挽回しようと、いろいろ企画を練っていたのに・・・。     同じく10月の開催を楽しみにしていた「燕三条工場の祭典」。 普段これといった観光資源のない燕と三条市に全国近隣から数

我が家の歴代ちびっ子ギャング。

バックロードはスピーカーの下位置に四角い穴が開いていることで、一目でバックロードホーンと解ります。我が家代々の幼い子供たちにとって、その音道開口部が恰好のオモチャ箱に見えてしまうようです。   自宅ではTVの音をRR-10で聞いていますが、その開口部が時々に遊びに来る、 もうすぐ2歳になる、孫息子のチョロQ置き場になってしまいました。 散々遊んだ後に、必ずこの穴にチョロQを入れて帰って行きます